ダイエットのための色彩

こんにちは!

 今日はダイエットのための色彩について☆

 

ダイエットというと、まずは《 食事制限 が基本になってきます。

 

だけどこれからの時期、ビアガーデンや飲み会、帰省と忙しさもあいまってなかなかダイエットは難しかったりしますよね。

  

そんな時は色彩を味方に無理なくダイエットしましょう☆

 

某大手ファーストフードのお店は、オレンジや赤色が多く使われています。

 この色は、食欲を増加させ、体感時間を早める効果があるので、

早食いやついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

 

 では痩せるためには何色がいいのでしょうか??

 

御察しの方もいるかと思いますが、正解は《 寒色 》です!

 海外のケーキなどでものすごいいろどりのケーキなどを見られたことがある方は想像しやすいかと思いますが、失礼ながら明らかに美味しくなさそうな色をしていますよね。

 

 

 実は

『産業教育機器システム便覧』によると、
五官による知覚の割合は視覚器官が83%、聴覚が11%、
臭覚3.5%、触覚1.5%、最後の味覚が1.0%、である

人間の五感のうち一番情報収集率が高いのが視覚器官が83%、それに対し味覚が1%。
つまり、食欲は視覚により一番影響を受けやすいといえます。

引用 Naverまとめ 

 

そのため、お茶碗やお弁当箱、お箸などを寒色(青または紫がベスト)にすると、無理なくダイエットができちゃうんです!!!
 
いままでなんとなく我慢ができなくて食べ過ぎちゃうかたは、ぜひ試してみてくださいね♪